学科試験でつまずかないための勉強法

 

学科試験でつまずかないための勉強法

学科試験でつまずかないための勉強法
 

運転免許の取得には、自動車学校に通うなど様々な費用がかかりますので、学科試験は1回で合格したいものです。では、学科試験でつまずかないためにはどのように勉強をすれば良いのでしょうか。

学科試験の勉強は早めに開始する

多くの人は、自動車学校に通うとまず技能教習を優先する傾向にあります。
しかし、運転免許取得のためには技能試験だけでなく学科試験にも合格する必要がありますので、技能教習ばかりに目を向けてしまうと学科試験に不安を残してしまいます。

そうならないために、学科試験の勉強は早めに開始することをおすすめします。
技能教習と並行して始める、あるいは自動車学校に通う前から書籍や問題集などを購入して勉強をするのも良いでしょう。そうすることで、学科試験の直前に焦るようなことはありません。

過去問題を繰り返し解く

運転免許取得のための学科試験というのは、過去に出題された問題と似ている傾向にあります。
したがって学科試験でつまずかないためには、ひたすら過去問題を解くようにしましょう。
過去問題を繰り返し解けば問題の傾向が掴みやすくなりますので、自然と対策が立てやすくなります。問題の数に慣れることが、学科試験の1発合格に繋がります。

暗記項目を確実に覚える

学科試験で出題される暗記項目は、意外に多くありません。積載や駐停車禁止、車の種類、標識標示などが暗記項目であり、学科で習う内容の多くは常識的なことばかりです。
少ない項目で点数を落とさないためにも、暗記項目を確実に覚えるようにしましょう。

「暗記が苦手」「暗記に不安がある」という人は、上記で説明したように早めに学科試験の勉強に取り組むようにしましょう。学科試験の1発合格を目指すなら、ぜひこれらの勉強法を実践してみてください。

当校は、秋田県にある自動車学校です。当校は、普通免許をはじめ中型免許大型免許大型二種免許など様々な種類の免許取得サポートを致します。また当校では、パソコン・スマホ・携帯でご利用頂ける学科学習システム「MUSASI」もご用意していますので、自動車学校内でだけでなく、ご自宅や外出先でも学科試験の勉強をすることが可能です。人気の運転免許合宿もございますので、運転免許の取得をお考えなら当校へお越しください。

 

秋田北部自動車学校で運転免許合宿

合宿で免許を取ろうとご検討されている方は是非、 秋田北部自動車学校をご利用ください。 入学から卒業までスケジュールを管理して、ご予約を確保いたします。
運転免許合宿のメリットは毎回の予約の手間が省け、卒業予定が立てやすいことです。
関東からのお越しもお待ちしておりますので、まずは こちら のページをご確認ください。

<<秋田北部自動車学校>> 〒017-0864 秋田県大館市根下戸新町1番45号 TEL:0186-42-3215 FAX:0186-42-3565