大型車の運転で気をつけるポイント

 

大型車の運転で気をつけるポイント

大型車の運転で気をつけるポイント
 

普通免許・中型免許大型免許大型二種免許普通二種免許など、様々な免許があります。中でも大型免許は、ダンプカーやタンクローリーなどの運転が可能になるため、就職や転職にも有利です。大型車は普通自動車と勝手が違うため、運転する際には大型車の特徴を知ることが大切です。

走行時

大型車と普通車との圧倒的な違いは、その大きさと重量にあります。サイズが大きくなる分、車幅が広がり、車高もぐんと高くなります。見晴らしがよくなる分、運転はしやすくなりますが、普通車と比べてスピード感覚が鈍くなってしまうことがあります。

ハイスピードで走行しているにも関わらず、遅く感じてしまい、さらに加速してしまう場合もあるようです。メーターをこまめにチェックして、常にスピード管理を行うことが大切です。車体が大きい分、急にブレーキを踏んだ時の衝撃が大きいので、なるべく早い段階でブレーキをかけることも重要です。

左折、右折

大型車で左折や右折をする際に、最も注意しなければならないのが内輪差です。普通車の運転時と同じような感覚でハンドルを切ってしまうと信号待ちの車や、ガードレール、街路樹などに接触してしまう可能性があります。内側に接近しすぎないよう、ある程度直進してから曲がりましょう。ハンドルを切るタイミングと見極めがとても重要になります。

バックや方向変換

バックや方向変換は、大型車を運転する上で特に難しい操作といえるでしょう。車体が大きければ大きいほど、後方確認がしにくくなります。方向変換をする時は、可能な限り後輪をコーナーに近づけてバックする必要があります。

大型車の特徴を理解した上で練習することで、車両感覚もつかみやすくなります。不安なこと、分からないことがあれば、すぐに指導員に質問してください。

秋田県大館市で合宿免許に参加する際は、当校をご利用ください。通学プランと合宿プラン、どちらも充実しております。合宿免許なら短期間で免許取得が可能になり、さらに卒業まで保証しているので費用の面でも安心です。大型特殊免許やけん引免許の取得も可能です。親切・熱心をモットーとした指導を心がけたサポートを行います。

 

秋田北部自動車学校で運転免許合宿

合宿で免許を取ろうとご検討されている方は是非、 秋田北部自動車学校をご利用ください。 入学から卒業までスケジュールを管理して、ご予約を確保いたします。
運転免許合宿のメリットは毎回の予約の手間が省け、卒業予定が立てやすいことです。
関東からのお越しもお待ちしておりますので、まずは こちら のページをご確認ください。

<<秋田北部自動車学校>> 〒017-0864 秋田県大館市根下戸新町1番45号 TEL:0186-42-3215 FAX:0186-42-3565